2020.08.26
2020年8月コラム
2020.06.26
2020年6月コラム
2020.05.18
2020年5月コラム
2020.04.17
2020年4月コラム
2020.03.12
2020年3月コラム
2020.02.20
2020年2月コラム
2020.01.23
2020年1月コラム
2019.12.18
2019年12月コラム
2019.11.13
2019年11月コラム
2019.10.11
2019年10月コラム

2019.11.13

2019年11月コラム

「ONE TEAM(ワンチーム)」

 

日本中を盛り上げたラグビーW杯。「日本代表」チームがチーム作りの合言葉、スローガンとしていた「ONE TEAM(ワンチーム)」。

 

「日本代表」チームの選手は日本を含めた7ヶ国の出身者から選ばれている。

異なるルーツや文化、背景を持つ選手たちが、お互いを認め合い、リスペクトし、日本の歴史や文化を学び、共通の目標に向かって、それぞれの力を出し合い、「一つのチーム」になる。

 

排外主義やナショナリズム的な風潮、不寛容な雰囲気が強まっている日本社会にあって、この「ONE TEAM(ワンチーム)」の思想、日本代表の活躍とそれを応援するサポーター(にわかファンも含めて)の姿に、一つの可能性を見出した感じがする。

 

異なるルーツ選手たち。体格の大きな選手、小柄な選手、俊足など「多様な個性」が集まり、それぞれがそれぞれの力を出し合い、そしてフォワード、バックスが一体となってチームを形作る。

そうしたありようが、これからの日本社会に必要ではないのか。

 

そして、労働組合でも同じだ。

「ONE TEAM(ワンチーム)」をめざしていきたいと思う。