2020.08.26
2020年8月コラム
2020.06.26
2020年6月コラム
2020.05.18
2020年5月コラム
2020.04.17
2020年4月コラム
2020.03.12
2020年3月コラム
2020.02.20
2020年2月コラム
2020.01.23
2020年1月コラム
2019.12.18
2019年12月コラム
2019.11.13
2019年11月コラム
2019.10.11
2019年10月コラム

2020.01.23

2020年1月コラム

昨年は全国各地で記録的な豪雨、台風による災害が多発した。今年こそ、災害のない平穏な1年であってほしい、そう強く願っている。

 

さて、1月17日は阪神淡路大震災が発生した日。あれから25年。

当時、多くの皆さんが救援ボランティアとして活動された。阪神地域での震災ということもあり、私も自治労の救援ボランティアとして参加した。

現地で目の当たりにした、壊れた家屋、崩壊寸前のビル、道路の亀裂、舞い上がるホコリと臭い、そうした情景は今でも脳裏に焼き付いている。

 

震災を風化させず、また、この震災をきっかけにつちかわれた、「きずな」や「支えあう心」、「やさしさ」や「思いやり」の大切さを、これからも語り継いでいくこと、さらには、安心と安全をしっかり提供することができる「地域公共サービス」の確立をめざして、取り組むことが求められているとあらためて思う。