2020.08.26
2020年8月コラム
2020.06.26
2020年6月コラム
2020.05.18
2020年5月コラム
2020.04.17
2020年4月コラム
2020.03.12
2020年3月コラム
2020.02.20
2020年2月コラム
2020.01.23
2020年1月コラム
2019.12.18
2019年12月コラム
2019.11.13
2019年11月コラム
2019.10.11
2019年10月コラム

2020.02.20

2020年2月コラム

「新型コロナウィルス」への対応が大きな社会的課題となっている。

2月19日現在、中国では感染者が7万4千人、死亡者は2千人を超えた。

世界各国、そして日本国内でも各地で感染者が次々に確認され、事態は新たなフェーズに入ったといわれている。

春闘がスタートしたが、「新型コロナウィルス」の感染の拡がりで、中国経済は深刻な打撃を受けることは間違いし、国内でも、製造業で国内生産の一部停止、観光客の減少、集会やイベントの中止など、影響が広範囲に及んできている。

人類は「病」とのたたかいの歴史である。自然に対する「畏怖の念」を抱きつつ、「病」と向き合わなければならない宿命にある。

人々が力を合わせてこの難局を乗り切り、早期に事態が収束することを願うばかりである。